現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ストレート

野性味のある苦味と独特な香り 200g

商品コード: st-nig-01

マンデリン・ラスナリントン

販売価格(税込) 1,080 円
ポイント: 54 Pt
挽き方
個  数

カゴに入れる

マンデリン・リントンラスナ(Mandheling Lintong Lasuna Natives)

インドネシア スマトラ島北部に居住していた民族 MANDHELING-BATAK族の地域で当時多く収穫された事にMANDHELINGの名が表記されるようになりました。マンデリンはオランダ統治時代からあったものでマンデェイリンがマンデリンになったと思われます。  

     

北スマトラ、トバ湖の南、リントンニフタ地区の標高1200?1400mの高地で栽培されており、高度・気温・雨量その他の気象時条件がコーヒーの栽培に適し、土壌も昔からの環境のままに良質のコーヒーを育んでいる。  

     

コーヒー樹の品種は昔からの在来種ティピカアラビカ種(19世紀にオランダから移入)で、在来種特有のまろやかな香気と力のある野性味がバランスのとれた自然な味をつくりだしています。  

     

ラスナは、MANDHELING-BATAK語です。現地のチェリー集荷業者がおじいさんの代から使っているチェリー、あるいはパーチメントの取引名称で、その意味は、”原生種”とのことで、本品をラスナと命名しました。  

     

処理方法は、Pulped and Natural(Semi Washed)だが、むしろDry Processに近い。
 

生産者は、ほぼ100%小規模農家で手作りの行き届いた栽培が施されています。従って、生産量は極めて少なく希少価値のある逸品で他のマンデリンと比べていやな酸味・雑味はありません。

このページのTOPへ
Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.